先輩インタビューInterview

ホーム先輩インタビュー > 友寄アユコ

添付画像
添付画像

セカンドキャリアは、法律専門家(税理士)として県内中小・零細企業を支えたい

これまで私は、県内リゾートホテルでの開業準備室スタッフや専門学校での簿記講師等を務め、キムタカにくる直前は、県内中小企業を支援する沖縄県の外郭団体で、財務アドバイザーとして勤務しておりました。その中で感じたことは、県内中小・零細企業には、税務・財務面での知識及び人材が不足しており、営業や商品開発など経営に直結する観点での税務・財務アドバイザーの必要性が高いということでした。

このことから、育児が落ち着いた後のキャリアプランについて考えたとき、これまでの経験を活かし、県内の中小・零細企業を応援していく仕事をしたいと考え、税理士の勉強を始めました。


添付画像

キムタカに決めた理由

どこの税理士事務所に勤めるかを考えたときに、友人や知人からの情報をとても参考にしました。キムタカに決めたのは、大学院の同期だった登川陽介さんが、学業と仕事で多忙ながらも、とても充実している様子だったことが印象に残っていたからです。沖縄の中小企業の役に立てる人材になりたいと目標をもち、学習を始めたものの、40代で異業種からの転職でしたので、実務経験は浅く、本当にできるのか不安でした。ですが実際に代表や統括にお会いしてお話を聞いて、家族のようにスタッフの事を想う温かな気持ち、沖縄のために本気でやるんだという熱い想いを感じ、私もその一員となって、一緒に沖縄をよくしていきたいと考え、キムタカに決めました


添付画像

家庭と両立しやすく働きやすい職場

この春から休学していた大学院に復学したので、家庭、大学院、仕事の両立をしながらの生活ですので、私自身は時間との闘いですが、子育て中のスタッフも多く、子供の急な体調不良や学校行事等のスケジュール調整も柔軟に対応してもらえる職場なので、みんな上手に両立しながら、生き生きと勤務しています。つきあい残業はありません。繁忙期はありますが、先輩たちは上手に自身の仕事を効率よくコントロールしながら、両立しています。


添付画像

働いてみて・・・

税理士事務所の仕事は専門性が高い部分も多く、異業種からの転職で不安もありましたが、周りの先輩方は親切で、困ったらみんなで考えてくれる仲間がいることが、とても心強いです。研修制度も充実しているので、どんどん成長していける環境が整備されています。私自身は、県内中小・零細企業の多岐にわたる課題に対して、身近な相談役として助言のできる存在となれるよう、志高い仲間と切磋琢磨しながら、成長していきたいです。一緒に夢を実現していきましょう!